今日のおやつはヒスイパン。

富山県 朝日町の「地域おこし企業人」、地元法人マーチオークシー®️が綴る朝日町での日々。

アクセス解析から見えること

f:id:mayumi-mokoshi:20190908112341j:plain

地元法人マーチオークシー®代表の真弓です。

 

メディアのあらゆる情報が「脚色」されています。

その1つに求人メディアがあると思います。

応募を獲得する目的で

「いかに会社をよく見せるか」

に注力していった結果だと思います。

 

しかし、現実とかけ離れた情報は入社後の離職率を上げます。

結局、「採用」「定着」を目的とするのであれば正しい情報を、正しく伝える技術を磨くほうが有益(コスト的にも)ではないでしょうか。

 

同じく、ローカル情報も同じことが言えます。

ある一部分の美しさを切り取った記事を見て、実際訪れてみると

「思ってたのと違う」

という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

関係人口を増やすことをうたったメディアにも多く見られる現象と感じます。

 

今後、日本のWEBマーケティングはそういった小手先の脚色を脱却(というか飽きてきた)時期に入ってくるのではないでしょうか、と日々感じてます。

そんな中、ものごとを中立的・客観的に判断する材料として「アクセス解析≒数字」は非常に有効であると思います。

 

たとえば本ブログ冒頭に出ている画像のモバイルページビュー53%。

これは、あるサイトを閲覧(PV)している数の53%の方がスマホなどのモバイル端末が使われているという意味です。

 

この数値だけで、この地域や業種の属性が予測でき、

広告を打つのであれば使うべき施策が見えてきます。

発信の裏にある根拠、そこにもフォーカスをしていきたいと思います。