今日のおやつはヒスイパン。

富山県 朝日町の「地域おこし企業人」、地元法人マーチオークシー®️が綴る朝日町での日々。

すいか割り【 公式ルール 】とは!?

こんにちは。地元法人マーチオークシー®のミッチーです。

 

 四季の中で一番、夏が大好きな私は、なかなか明けない今年の梅雨空に

「早く夏が来ないかなぁ…」と、うずうずしている今日この頃。

 

f:id:ymokoshi:20190719072530j:plain

麦わらの季節が待ち遠しい


「夏」といえば、海!

「海」といえば、浮き輪に、水着に、サングラス。

ヨットに、サーフィン、ボディーボード…ウェイクボードも良いですね。

 

そして何と言っても、鉄板の「すいか割り」は外せません!

 

f:id:ymokoshi:20190719072342j:plain

夏といえば、すいかの季節

 

ところでみなさん、「すいか割り」に “公式ルール” があること、ご存知ですか?

私も最近知って驚いたのですが、

なんと「日本すいか割り推進協会」なる団体があり、しっかりとルールが定められているのです。

折角ですから、協会による公式ルールの一部をご紹介しますね。

 

すいか割りルール
(日本すいか割り推進協会認定版)

第 1 条 (競技場所)

  1. 競技場所は、どこでも楽しめるスポーツですが、できれば『砂浜』又は、『芝生の広場』が最適である。
  2. すいかと競技者(割る人)の間の距離は、5m 以上7m 以内とする。

第 2 条 (用具)

  1. 棒は、直径 5cm 以内、長さ 1m20cm 以内の棒とする。
  2. 目隠し用として、手拭またはタオルを準備する。
  3. すいかは、『日本国産すいか』を用いる。

第 3 条(競技者)

  1. 競技者はすいかを『割る人 1 名』と『サポーター複数』で 1 組とし、キャプテンを決める。『サポーター』は人数に制限はないが、『割る人』に対して『アッチだ』『ソッチだ』と的確なアドバイスを出さなければいけないので、事前に自分のサポーターの声を認識しておくこと。
  2. 審判員となるには、すいかが大好きであることを条件とする。また、公正な道徳心を持つ健康な人であり、特に以下の設問に 3 問以上答えられる人とする。

第 4 条 (競技の開始)

  1. 審判員は、距離と用具を確認する。
  2. 割る人の目隠しを確認する。この時、相手チームのキャプテンを同席し了解を得る。
  3. フォーメーションローリング(スタートする時の回転)をおこなう。回転方向は右回りで、回転数は 5 回と 2/3 回転とする。

 (日本すいか割り推進協会認定版より、一部抜粋。)

 

※公式ルールの全容は、こちらをご覧ください。

www.mitinoku.or.jp

 

 この他にも、競技者(割る人)の持ち時間は 1 分 30 秒だとか、 スイカの真後ろに立って「私の声のする方へ」と言う指示は禁止だとか、「競技場所は、勝負の勝ち負けに関係なくきれいにしゴミは持ち帰ること。」といった後片付けの注意に至るまで、とても細かく定められています。

 

たかがすいか割り、されどすいか割り。

“「すいか割り」は立派なスポーツです!” という一文に、心揺さぶられました(笑)

 

f:id:ymokoshi:20190719102233j:plain

すいか割りは、スポーツです!

 

いかがです? みなさんも「すいか割り」 したくなりました?

楽しいですよー

美味しいですよー

 

「やりたいけど、なかなか機会がないのよね…」という方は、

ぜひ夏のヒスイ海岸へ遊びに行きましょう!

 

8月11日(日)に開催される「マリンフェスタ」では、お客様参加型イベントの一つとして、本格的なすいか割りが楽しめますよ。

 

※「マリンフェスタ」の詳細は、こちらをご覧ください。

www.hosizorano-nighttheater.com