今日のおやつはヒスイパン。

富山県 朝日町の「地域おこし企業人」、地元法人マーチオークシー®️が綴る朝日町での日々。

チューリップの花摘みたい(隊)!


こんばんは。地元法人マーチオークシー®のミッチーです。

 

先週まで、連日ご紹介してきた あさひ舟川「春の四重奏」。

地域おこし企業人として朝日町に派遣され、初めて目にしたその景色は、それはそれは見事な“奇跡の景観”でした。 

日ごとに移り変わる彩りで、毎日私たちの目を楽しませてくれた桜やチューリップたちとも、間もなく暫しのお別れ…

少しさみしい気持ちもありますが、舟川地区は間もなく田植えの時期を迎え、今度は青々とした美しい田園風景へと姿を変えて美味しい実りを届けてくれます。

 

f:id:ymokoshi:20190425205812j:plain

チューリップ、菜の花、桜並木、残雪の北アルプスの奇跡の四重奏に出会えました。

 

そして、美しく咲いたチューリップたちはというと…

以前の記事でもご紹介しましたが、ここはチューリップの球根を育て、全国へ出荷している農家さんの畑。

観賞用に植え付けられている訳ではないので、チューリップの球根を大きく元気に育てるために、開花まもなく花を摘み、球根に栄養を蓄える必要があります。

 

www.asahimachi-mokoshi.jp

 

この花摘み作業が、なかなかの重労働。

広大な敷地に、幾重にも美しい層を成すチューリップたちは、その数なんと15品種・60万球!ですから、一つひとつ花を摘み取るのは、それこそ気の遠くなるような作業なのです。

 私も先日、鮮やかなオレンジ色の花びらと紫の交じった葉色が印象的な品種「ユアン」の摘み取りをお手伝いさせていただきました。

 ちょうどこの日は晴天で日差しが強かったこともあり、2畝ほど摘み取りをお手伝いしただけでも、汗びっしょり。
ずっと腰をかがめて作業するので、日ごろ運動不足の私は、情けないことに背中がちょっと痛くなってしまい…この何十倍もの花摘みをされている農家の方々の苦労を、文字通り痛感したのでした(笑)

 

f:id:ymokoshi:20190425213151j:plain

品種ごとに生育状況をみて、順番にお花を摘み取っていきます。

f:id:ymokoshi:20190425213446j:plain

花びらの根元からポキポキと、リズミカルに手折るのがコツと、教えていただきました。

f:id:ymokoshi:20190425220731j:plain

摘み取り完了!華やかなオレンジ色から鮮やかなグリーンへと、景色が一変。

f:id:ymokoshi:20190425214330j:plain

まさに見頃のみずみずしいお花を摘むのは、何やら心苦しい気もしてしまいますが…

f:id:ymokoshi:20190425214600j:plain

摘み取った花びらは、捨てずに再利用!

f:id:ymokoshi:20190425224029j:plain

桜並木の根元に撒かれ、栄養として次の春へと巡ります。

 

摘み取り作業をしていると、観光客の方々から

「どうしてお花を摘んじゃうの?」

「こんなにキレイなのにもったいない!」

と声をかけられますが、春の四重奏を支える舟川の農作業と自然の循環を説明すると

「なるほど、それは知らなかったわ」

「とても素敵なシステムね!」

と、みなさん感心しきり。

 私も初めてお花を摘む時には、少しだけ申し訳ない気持ちになりましたが、この仕組みを知っているからこそ、楽しく作業させていただきました。

 

そして、花びらが撒かれた桜並木を見るのが、大好きです。

はかなげな桜のピンク色と、柔らかな黄緑色の土手の、ところどころに自生しているムスカリの青紫。そこにチューリップの鮮やかな色が加わって―。

個人的には、これもまた美しい四重奏だなと、

いつも密かに楽しみにしていました。

 

f:id:ymokoshi:20190425214825j:plain

足元にも、美しい四重奏。水面が輝く晴れの日は、五重奏(!?)かもしれません。

 

さて、 このチューリップのお花摘み、

「私もやってみたい!」と思われた方もいらっしゃるのでは?

前述の通り、広大な敷地の花摘みが必要なので、農家さんの人手が足りない時には「チューリップの花摘み隊」と称し一般の方のボランティアを募集することもあるとか。

機械を使っての作業も並行して行われていますが、すべてを刈り取れる訳ではないので、人の手は必ず必要になります。田植えに向けた作業も重なり、この時期の農家さんは猫の手も借りたいほどの大忙しなのだそうです。

最近では、4/22(月)、4/23(火)にもボランティアを募集されていました。

富山県朝日町観光協会 のfacebookページなどで、募集告知がなされます。

www.facebook.com

 

f:id:ymokoshi:20190425230741j:plain

チューリップの花摘み隊。なかなか面白そうでしょ?

現在、舟川のチューリップ畑は、ほぼ満開の状態。

GWにかけてのこの先数日が、花摘みの大詰めです。

天候や畑の状況によって摘み取りの日を決められるので、前日や当日など直近の募集になることもあるようですが、ご都合が合えばぜひ参加してみてください。

 

コツさえつかめばそう難しくはない作業なので、お子さま連れでも参加OK!

汚れてもいい格好、長靴、手袋持参でお越しください。

 

「チューリップの花摘み隊」に参加して、

あさひ舟川「春の四重奏」の締め括りを、一緒に楽しみましょう!