今日のおやつはヒスイパン。

富山県 朝日町の「地域おこし企業人」、地元法人マーチオークシー®️が綴る朝日町での日々。

コバリオン

こんにちは、地元法人マーチオークシー® のミッチーです。 

 

さて、本日は、先日ご紹介した代表のこだわりファッション特集(笑)にて、反響の大きかった「コバリオン」について、詳しくご紹介したいと思います。

 

www.asahimachi-mokoshi.jp

 

代表・真弓の愛用品としてご紹介したピンバッチは、世界で唯一日本が製造技術を持つ「コバリオン」という新金属と、日本の国石とされる翡翠(ヒスイ)を組み合わせたものです。

 

f:id:ymokoshi:20190309171044j:plain

 

「COBARION」(コバリオン)とは?

 

「コバリオン」は、東北大学金属材料研究所の千葉晶彦教授が開発し、岩手県釜石市の株式会社エイワが製造している新金属で、コバルトとクロムなどからなる合金です。

 

金属アレルギーの主な原因となるニッケルの含有量を極限まで減らし(0.01%以下)、アレルギー反応を起こしにくいことから、人工関節や手術器具、歯科矯正用ワイヤー、インプラントなどの医療用製品に適しており、“人に優しい新金属” として、某人気テレビ番組でも紹介されました。 

また、耐食・耐熱・耐摩耗性が高く、海産物などの食品加工に用いる工業用刃物や、金型材料や耐熱バネなどの耐熱・耐摩耗工具の材料としても注目されています。

 

f:id:ymokoshi:20190309181914j:plain

 

「COBARION」は財団法人いわて産業振興センターの登録商標です。
”COBARION” is a registered trademark of Iwate Industry Promotion Center.

マーク:安定・安心感を伝える正円の図形を基本に、コバルトに他の成分を加える、主要な用途の一つである人工関節をイメージ。
「COBARION」の頭文字「C」、コバルトの元素記号「Co」を重ね合わせたものを表現しています。

 

出展:(財)いわて産業振興センター
いわて発高付加価値コバルトクロム合金データシートより

 

朝日町と釜石市は、ともに海辺の町として古くから漁業の繋がりがあり、1984年7月には、友好都市としての提携を結んでいます。

鉄の町・釜石の誇る新金属コバリオンと、日本の渚百選にも選定されている宮崎・堺海岸(通称:ヒスイ海岸)から採れる朝日町産のヒスイを素材として、それぞれの地域の企業が連携し、友好の証として製作されたのが、代表自慢のこのピンバッチ。

ラグビーボールをモチーフとした楕円形のコバリオンの裏側に、勾玉型のヒスイのプレートが重なった、凝ったデザインです。

※ちなみに代表の身に着けているものは、「LEAD IN RUGBY」バージョンで、 売上の一部が “釜石市ラグビーこども未来基金” に寄付されています。

 

錆びない・朽ちない・色褪せない「コバリオン」と、 古来より災いから身を守ると言い伝えのある「ヒスイ」。

なんだかとても縁起の良い、素敵な組み合わせじゃないですか。

 

 

高付加価値Co–Cr–Mo合金

(字面も、なんかカッコいい!!)

 

ピンバッチとなると、やはり男性のスーツの襟元が似合いますが… 

指輪などのアクセサリーもあれば、私もちょっと欲しいです。