今日のおやつはヒスイパン。

富山県 朝日町の「地域おこし企業人」、地元法人マーチオークシー®️が綴る朝日町での日々。

社員食堂

ごきげんよう。地元法人マーチオークシー®のミッチーです。

本日は、わが社がメインオフィスを構える、古都鎌倉のおもしろい取り組みをご紹介したいと思います。

 

社員食堂。みなさまの職場にもありますか?

ここ鎌倉には、一風変わった社員食堂があります。

その名も『まちの社員食堂』。

一社固有の食堂ではなく、“鎌倉で働く人”なら誰でもが利用できる社員食堂です。 

f:id:ymokoshi:20190223053140j:plain

ネームホルダーに名刺を入れて首から下げる。これが「鎌倉で働く人」の証明に。

 

年がら年中観光客で賑わうこの町には、おいしいレストランもカフェも当然たくさんあるのですが、なにせいつも混雑していますので…

仕事の合間の限られたランチタイムに利用するのは至難の業。

近くて遠い、そんな存在でもありました。

 

そんな切ない状況の中、「鎌倉で働く人たちを応援したい。」「鎌倉で働く人たちが集う食堂をつくりたい。」との思いから、鎌倉に拠点を持つ企業・団体が協力し合い、昨年4月にオープンしたのがこの社員食堂です。

鎌倉の人気店が週替わりで登場するので、私も毎週メニューをチェックしては、いつも楽しみに利用しています。

f:id:ymokoshi:20190224184913j:plain

朝・昼・晩とそれぞれに美味しいお料理を提供してくれます。


 ランチタイムに伺うと、近所の会社の方にバッタリ出くわすこともしばしば。

食事をしながら交わす会話の中で、アイディアが浮かんだり、仕事の話が進んだり…

事前にアポイントを取ってのミーティングとは違った、ラフな雰囲気で他社と交流できるのも、この食堂の面白さです。

会議室よりも食事の席やお酒の席で、良案が出たり、ビジネスの話がまとまったり―。

社会人なら誰しも、一度はそんな経験があるのでは?

 

さて、そんな『まちの社員食堂』では、毎週土曜の夕方から、一般の方でも利用できる「タイムカードの日」があります。

1時間1,000円で、ハイボール飲み放題!という人気企画で、お客さんは入店時にタイムカードを打刻することで制限時間を管理します。

f:id:ymokoshi:20190224190322j:plain

富山県南砺市からおいしい山の幸が届きました。

昨日は、ちょうど富山県は南砺市の方が一日店長となり、美味しいお酒とお料理を提供してくれて大盛り上がり!

鎌倉の会社の方はもちろん、ご近所の方、一般の方も交じって活気あふれる雰囲気でした。

f:id:ymokoshi:20190224212400j:plain


週末の鎌倉観光の〆に、機会があればぜひ立ち寄ってみてください。

きっと刺激的な時間を過ごせると思いますよ。